株式会社シナジー・リレーションズ ニュース一覧

2012.10.29 >
Archive >

『バイオハザード ダムネーション』初日舞台挨拶

株式会社シナジー・リレーションズ ニュース

1996年の発売以来、世界中で記録的な人気を誇っているゲームを基にした劇場版フルCGアニメーション第2弾『バイオハザード ダムネーション』が10月27日(土)に公開となった。新宿ピカデリーにて行われた初回上映前の舞台挨拶に神谷誠監督、小林裕幸プロデューサー、脚本を手がけた菅正太郎が登壇。人気クリーチャーのタイラントも登場し劇場は大きな盛り上がりを見せた。
2週間の限定公開ながら33,000人を動員しヒットを記録した『バイオハザード ディジェネレーション』以来4年ぶりの新作となるが、この日、劇場に足を運んだ観客は4年前の前作を劇場で鑑賞したという人々ばかり。4年前に「みなさんの応援があればまた帰ってこられます」と話していた神谷監督は「約束通り、帰ってこれました」と感無量。菅さんも「同じ作品の続編で帰ってこられてありがたいです」と喜びを語った。
この秋は実写版映画の第5弾となる『バイオハザードV リトリビューション』の公開を皮切りに、待望のゲーム最新版「バイオハザード6」も発売されるなどまさに“バイオハザード祭”状態。だが神谷監督は「作業を始めたのはウチが一番最初。だから他のものは意識していません」と語る。本作のみならず、ゲーム、実写映画にも携わってきた小林プロデューサーは、ゲームの内容について「わざと監督には教えませんでした。監督にはのびのびとやってほしかったので」と明かした。
同じくゲームにも携わっていたという菅さんは、ゲーム、アニメどちらのスタッフからも様々な注文が寄せられたことを明かしながらも「でも神谷監督の注文が一番大きかったです。『それはちょっと…』と言いたくなるようなことを振ってきた」と苦笑交じりに苦労を語った。
ちなみに、この日の神谷監督の服装は主人公・レオンの劇中の衣裳と同じもの。さてはレオンを意識して…? と思いきや、監督曰く「全く逆!」。実は劇中のレオンの衣裳デザインがそもそも「僕の私服をモデルにしている」(神谷監督)とのこと。小林プロデューサーによると、衣裳以外にも「銃火器も監督の家にあった私物を参考にしている」という。監督は「私財をなげうってます。一時期、(アニメ制作の)会社が武器庫のようになってました(笑)」と明かし会場は笑いに包まれた。
これら銃火器によるアクション、肉体を駆使した格闘技に加え、主人公のレオンともう一人の人気キャラクターのエイダの関係もファンにとっては楽しみな部分。本作の厳格な“ルール”としてプラトニックな関係での描写を義務付けられてきた菅さんは「とはいえ出会って10年以上経っているので、ずっとプラトニックではリアリティがない。そこはポイントごとに想像を入れながらやってます。後はみなさんにも想像していただきながら楽しんでほしい」と思わせぶりに語っていた。
最後に神谷監督は「“バイオ祭り”のトリを『ダムネーション』が飾りますが、勢いそのままに楽しんでいただければ」と客席に向かって呼びかけた。
新宿に続き、名古屋と大阪でも舞台挨拶を行いどの会場もチケット完売!好スタートとなった。
『バイオハザード ダムネーション』は全国公開中
 ©2012カプコン/バイオハザードCG2製作委員会

ページトップへ
2012.10.22 >
Archive >

「牙狼 ~蒼哭ノ魔竜~」 第25回東京国際映画祭

株式会社シナジー・リレーションズ ニュース

劇場版第最新作「牙狼 ~蒼哭ノ魔竜~」が第25回東京国際映画祭に登場! 主演の小西遼生ら出演者勢揃いでグリーンカーペットに集結!  東京・六本木で開催中の「第25回東京国際映画祭」の特別招待作品に選出された大人 気特撮シリーズ「牙狼 PROJECT」の劇場版最新作「牙狼 ~蒼哭ノ魔竜~」の主要スタッフ&キャスト陣が10月20日、映画祭オープニングイベントのグリーンカーペットに登場しました。主演の小西遼生さんをはじめ、共演の松坂慶子さん、渡辺裕之さん、久保田悠来さん、蒼あんなさん、藤田玲さん、山本匠馬さん、中村織央さん、雨宮慶太監督やほか、黄金騎士ガロや新キャラクターたちも駆けつけ、カーペット上を大いに盛り上げました。  2005年にTVシリーズとして初放送された「牙狼 」シリーズ。“魔獣ホラー”を狩ることを宿命付けられた“牙狼”の称号を持つ魔戒騎士・冴島鋼牙(小西)の活躍を描き、その革新的なCG/VFXとアクションのみならず、胸を打つストーリーとキャラクターで特撮ファンを魅了してきました。劇場版最新作では、大いなる力「ガジャリ」と契約した鋼牙が、次元の狭間から出現する魔竜の牙“嘆きの牙”を手に入れるため、さまざまな困難が待ち受ける約束の地へと旅立ちます。  劇中衣装でカーペットに勢揃いしたキャスト陣は、沿道に集まったファンのサインに応 じるなど、会場を大いに盛り上げました。本シリーズで大ブレイクを果たした主人公・冴 島鋼牙役の小西さんは、「7年間鋼牙をやってきて、このメンバーとここに立ててうれし い」と感無量の面持ち。本作よりシリーズ初参加となる女王・ジュダム役の松坂さんは、 「アクションやってみたかったの。ワイヤーアクションに挑戦したので見てほしい」と新 境地を開拓しています。シリーズを通じ、原作・脚本も兼ねる雨宮監督は、「2年前のグ リーンカーペットには小西が来られなかったので、今日は全員勢揃いできてよかった」と 語っていました。  「牙狼 ~蒼哭ノ魔竜~」は、2013年2月より全国ロードショー (C)2012 雨宮慶太/東北新社

ページトップへ
2012.9.07 >
Archive >

「TOUCH/タッチ」プレミア試写会舞台挨拶

株式会社シナジー・リレーションズ ニュース

あの「24 -TWENTY FOUR-」に続くドラマ主演作となる「TOUCH/タッチ」を引っさげて緊急来日を果たしたキーファー・サザーランドが9月4日(火)、東京・渋谷のTOHOシネマズ 渋谷にて開催された本作のプレミア試写会の舞台挨拶に登壇した。

 9.11のアメリカ同時多発テロで妻を失い、他人とコミュニケーションをとることができない無言症の息子・ジェイクを抱え思い悩む主人公のマーティン。だが、ジェイクが落書きのように書き連ねていた数字にある“意味”があることに気づく。そこから彼は世界中の人々を救うべく奔走するのだが、世界中の都市を舞台にしているのが本作の見どころ。この日の試写会が行われた渋谷の街は記念すべき第1話目に登場し、スクランブル交差点の大型ビジョンが演出上の重要な役割を果たしている。

 本作のシーズン2の撮影の合間を縫って来日したキーファーは「来日は3度目ですが、いつもみなさんの温かい気持ちに感動しています」と満面の笑みでおよそ240人のファンの歓声に応えた。一方で今回も含め、常にハードスケジュールのため「東京もまだ十分に見たことはないし、できることなら他の街も見てみたいけど…。こればっかりはプライベートで来ないと無理かな(苦笑)」とちょっぴり残念そうな表情も。
「24」という大ヒット作に続いての主演ドラマとなるが、キーファーは「この作品に出ようと思ったのは父と息子の物語だから。ここに出てくる息子は無言症で、話はおろか他の人に触られるのも嫌がるような状況なんです。僕自身も2人の子の父親なので、もしも自分が同じような状況に置かれたら? と考えたら心が動かされました。必死でコミュニケーションを取ろうとする姿に共感を覚えてもらえたら」と並々ならぬ思い入れを明かした。

 この日は、「24」の大ファンで、9月22日(土)にWOWOWで放送される「キーファー・サザーランド主演最新ドラマ『TOUCH/タッチ』SP~数字をめぐるミステリー~』でナビゲーターを務める勝村政信さんが来場し、キーファーに花束を手渡した。
 勝村さんは「『24』で人生で一番の当たり役といえる役を手にして、その次の役を選ぶのは本当に難しいと思うんです。それなのに今回こそが本当の当たり役なのでは? と思える素晴らしい演技を見せていてびっくりです!」と本作のキーファーを大絶賛。
 さらに「僕が芝居を始めた頃、キーファーはすでにスターで、僕らは『どうしてハリウッドの俳優はこんな優れた演技ができるのか?』と思ってました。さらにこの年になってこんな素晴らしい芝居を見せられたらお手上げです」と熱烈に思いのたけを語った。
 キーファーは勝村さんの言葉に「ありがとうございます」と返しつつ、実は勝村さんの方が年上だと知って「本当に? あり得ない!」と驚愕し会場は笑いに包まれた。
 さらに現在、撮影中のシーズン2の魅力について勝村さんに尋ねられると「シーズン1では父と息子の物語にフォーカスが当てられていたけど、シーズン2ではその息子の持つ“力”を巡って、息子を守る父の姿が描かれます。アクションも多くありますよ」と期待をあおった。

 最後に「日本のみなさんにはありがとうという言葉以外見つかりません。『24』は実は全米では人気が定着するのに少し時間がかかったんですが、日本のファンが最初から熱烈に支えてくれたおかげでシリーズの継続が決まったという経緯があるんです。だから日本のみなさんの応援のおかげで俳優としての今があると思っています」と改めて日本のファンへの感謝の思いを語り、大盛況の中で舞台挨拶は幕を閉じた。

「TOUCH/タッチ」
WOWOWにて10月5日(金)夜11:00スタート
(c) 2012 Fox and its related entities. All rights reserved.
『「TOUCH/タッチ」SP~数字をめぐるミステリー~』は9月22日(土)14:00よりWOWOWにて放送。

ページトップへ
2012.9.07 >
Archive >

「TOUCH/タッチ」キーファー・サザーランド緊急来日記者会見

株式会社シナジー・リレーションズ ニュース

海外TVドラマの歴史を塗り替えた「24 -TWENTY FOUR-」のキーファー・サザーランドが脚本に惚れ込んで出演を決めたというドラマ「TOUCH/タッチ」がWOWOWにて10月5日より放送。これを記念してキーファーが緊急来日を果たし、9月3日(月)に都内で行われた会見に出席した。

本作への出演について「『24』が終わった後、こんなに早くドラマの世界に戻ってくるとは思ってなかったけど、脚本を読んでその美しく繊細な内容に心を奪われたんです。感情を動かす物語であり、これを引き受けなかったら後悔すると思いました」と明かす。

「24」のジャック・バウアーのイメージが色濃いが、キーファー曰く「異なるキャラクターに見えてジャックと(本作の)マーティンには共通点がある」とのこと。「ジャックは予想外の状況からいかに抜ケ出そうかともがくけど、マーティンは息子のジェイクの行動が読めずに、それを知ろうと必死になる。そこには善意、モラルと言うべきものがあり、演じながら楽しい旅をさせてもらいました」と振り返った。

シーズン2の撮影の合間を縫っての緊急来日となったが「日本に来るためならどんな口実も作るさ(笑)」とキーファー。本作の中には、東日本大震災によりアメリカの西海岸に流れ着いた遺留品を集める男のエピソードもある。「遺留品が西海岸に流れ着いているというニュースは震災の後に聞いていたけど、次第に民家からのものが増えていると聞いて胸を痛め、震災の被害に遭った人々への思いを一層強くしました。このエピソードを作ることができたことを誇りに思うし、ぜひ日本のみなさんに見ていただければと思います」と真摯に呼びかけた。

この日は、特別ゲストとして劇中のキーファーの息子・ジェイクと同じ年に生まれた濱田龍臣が登場し、キーファーに花束を手渡した。ジェイクに似ているのでは? という声にキーファーは「確かにちょっと似てますね」とニッコリ。「将来、ハリウッドで活躍する俳優になりたい」という濱田くんにキーファーは「文化や言葉の壁を飛び越えるのが演技というもの。あなたがいま経験していることと、私が積んできた経験は何ら変わりないものです。いつか共演する可能性は大いにあると思うし、それができたら光栄です」と若き日本の星にアドバイスを送った。

ロンドン、モスクワ、ベルリンなどキーファーはすでに本作を携えて世界各国を巡っているが、その都度、ジェイク役のデヴィッド・マズーズにお土産を買っているそう。「日本的なものが何か買えたら」と言うキーファーに濱田くんが「東京スカイツリーのパズルとかがいいかな?」と助言する一幕も。最後に2人はがっちりと固い握手を交わしていた。

「TOUCH/タッチ」
WOWOWにて10月5日(金)夜11:00スタート
(c) 2012 Fox and its related entities. All rights reserved.

ページトップへ
2012.5.10 >
Archive >

『バトルシップ』日本外国特派員協会 記者会見

株式会社シナジー・リレーションズ ニュース

東宝東和配給の映画『バトルシップ』は、日本をはじめ、ヨーロッパ、アジア各国で本国アメリカより先行公開され大ヒットを記録し、世界20ヶ国で初登場No.1を記録。日本でも公開初週の洋画No.1となり、既に北米の公開を待たずして公開された国々で総計1億4千万ドルの興行収入を突破いたしました。
そしていよいよ待望の5月18日の全米公開に先駆け5月10日(木)ロサンゼルスNOKIAシアターにて盛大にUSプレミアが開催されることが決定。

本作で日本護衛艦みょうこうの艦長ナガタとして出演し、主演級の重要な役を演じたことで、日本の観客、そしてアジアの観客を驚かせ、その活躍にTwitterやレビューなどで
拍手喝采のコメントを受けている浅野忠信さんの参加が決定しました。

そこでUSプレミア参加直前に、
日本外国特派員協会(外国人記者クラブ)主催の上映会にて記者会見を行い、浅野さんより全米公開へ向けての意気込み等を語っていただきました。


【挨拶】
浅野忠信:本日は多くの方にお集まりいただきましてありがとうございます。
米国の大作映画に大きな役で出演させていいただき、ピーター・バーグ監督や
テイラー・キッチュらキャストとも出会えましたし、自分のキャリアにとても
プラスになるものだと思います。これからアメリカで公開されますが、この先も
より多くの人に観ていただきたいと思います。

【質疑応答】
Q:本作でハリウッドスターとして大きな一歩を踏み出されたと思います。
今後どんな役柄を演じてみたいなど展望はありますか?

浅野さん:ネイティブの役は難しいかもしれませんが、日本人ならではの役、
米国にいる日本人の役など、映画に必要とされる役のお話が
来ればどんどんとこなしていきたいと思います。

Q:本作で艦長を演じられるにあたって特別にやったこと(訓練など)ありますか?

浅野さん:実際に横須賀の基地に行って、艦に載せていただきレクチャーを
うけました。米国でも同じく軍の施設を訪れ、シュミレーションルームにも
入りましたし、専門的なところはキャプテンからひたすら教わりました。

Q:高倉健さんの若いころに似ていると思うのですが、意識しているところはありますか?

浅野さん:高倉健さんがいなかったらアメリカで頑張ろうという気持ちに
ならなかったと思います。最近、『あなたへ』で一緒にお仕事をさせていただき、
高倉さんが『剱岳 点の記』を観てくださってお話したことはありましたが、
『面白い。どんどんこれからも(アメリカで)やってよ』とも言ってくださいました。
尊敬する方に期待されるのは嬉しいです。
日本でNo.1の俳優さんだと思ってますし、そういう方が楽しんでくださる
映画にまた出られるように頑張ります。

Q:出演にあたって、英語を習われましたか?

浅野さん:優秀なスタッフがついてくれましたがネイティブの役柄では無く、
日本人の役なので、流暢すぎない方がかえって自然だという風に言って
くれたのでリラックスできました。

Q:日本ではインディペンデントの映画に多く出演し、評価を得ている浅野さんですが
ハリウッド大作に出演されスタンスの違い・バランスのとり方などありますか?

浅野さん:90年代にはインディペンデントの日本映画が多くつくられてそこに
役割がありましたが、最近はそこまで多くのインディペンデント映画が
つくられていないなど、状況の変化はあると思います。
大作でも変わらず、もらえる役を一生懸命演じるだけです。

Q:アメリカはこれから公開ですが、日本とアメリカで反応の違いなどを感じますか?

浅野さん:日本でワールド・プレミアの際に、ピーター・バーグ監督が
観客たちの反応をみて『日本人は楽しんでくれてるのか?』と少し
気になったみたいです。僕は良い反応で楽しんでくれていると思ったのですが、
アメリカン・ジョークなど国や言語が異なると反応がし辛いところもあるかもしれません。

Q:撮影現場での楽しかったエピソード・つらかったエピソードが
あれば共にお教え下さい。

浅野さん:日本では味わえない、ものすごいスケールでの撮影が印象的でした。
優秀なスタッフ達に囲まれ、なかなか使うことのできない機材を多数使用して
行われる撮影では俳優にも十分な準備期間が与えられ、
裏を返すとどこまでやれるか問われている感じがあり、やりがいがありました。
準備期間はあるのですが、現場で監督が急に予定を変更して
『10メートルの高さから飛び込むぞ』と心の準備が出来ないまま、
アクションシーンの撮影に臨んだのは、びっくりしましたけど(笑)。

Q:今まで浅野さんが演じられた役よりはシンプルな人物設定だと思いましたが、
いかがでしたか?

浅野さん:今まで、アクションやCGを多用する映画への出演は確かに少ないですが
日本での経験を基に、主演のテイラー・キッチュをサポートすることを心がけました。
カメラクルーは気づいて、誉めてくれたのは嬉しかったですね。

Q:続編のお話は?

浅野さん:ピーター・バーグ監督が来日した時に冗談ぽくですが
『2もやるから、その時は来いよ!』って言ってくれました。
高いところから飛び込まなくて良いのであれば是非お願いしたいです(笑)。

(C)2012 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

ページトップへ
2012.4.10 >
Archive >

『バトルシップ』ワールドプレミア

株式会社シナジー・リレーションズ ニュース

ユニバーサル映画100周年記念作品『バトルシップ』のワールドプレミアが4月3日に東京の代々木第一体育館で開催。主演のテイラー・キッチュに浅野忠信さん、リアーナ、アレクサンダー・スカルスガルド、ブルックリン・デッカー、グレッグ・D・ガドソン、ピーター・バーグ監督らが出席した。突如、日本列島を襲った春の嵐による交通機関への影響も心配されたが多くの観客が来場し、スチール100台、ムービー50台を含む約300人の国内外の報道陣も詰めかけ会場は大きな盛り上がりを見せた。

会場には朝丘雪路さんにその娘の真由子さん、伊藤歩さん、太田莉菜さん、黒田有彩さん、三浦貴大さん、池上幸平さん、栁俊太郎さん、魔娑斗さん、西山茉希さん、KONISHIKIさん、海江田万里議員、そして日本語吹替え版でリアーナ演じる女性兵士役の吹き替えを担当した土屋アンナなど多彩なゲスト陣も登場しレッドカーペットを闊歩。作品の船出を彩った。

さらに監督・キャスト陣に加え脚本を手がけたエリック・ホーバーやプロデューサー陣も出席。開会にあたってはユニバーサルピクチャーズ会長のアダム・フォゲルソン、共同会長のドナ・ラングレーも登壇し、本作の世界初上映を祝った。

映画にちなんだ巨大な大砲が開き、中からテイラーらが登場すると会場の興奮は最高潮に。ピーター・バーグ監督は「日本とアメリカが手を取り合って頑張って作り上げた作品です。両国は友情で結ばれており、映画の中でも共同体制を描くことができて嬉しい」と満面の笑みで作品を送り出した。

主演のテイラーも日本のファンの温かい歓迎に感激した様子で「ハロー、トーキョー! 雨の中、お越しいただいてありがとうございます。この作品のワールドツアーを日本で始めることができて嬉しいです」と笑顔でファンに語りかけた。

ブルックリンも「初めての日本です。私にとってとても特別なこの作品をお目にかけることができて嬉しいです。たくさんのプロセスを経てみなさんのために作りました」と満面の笑み。アレクサンダーもファンの声援にご機嫌な様子で「こんなに素晴らしいステージなので1曲披露したいところだけど、テイラーに止められたよ!」とおどけ笑いを誘っていた。

熱烈なファンからひと際高い声援を受けていたのは本作で映画初出演を果たしたリアーナ。「今晩、こうしてここに立てていることに興奮してるわ! 初めての映画がこんな超超大作であることを本当に誇りに思ってるわ!」と笑顔で語った。

『マイティソー』に続き、2作目のハリウッド挑戦作を携えて凱旋を飾った浅野さんは「僕もこんな場所で大きなスクリーンで映画を見るのは初めて」と興奮した面持ち。「小さい頃、映画館に行って映画を見るのは本当に楽しいことで、面白い映画を見たいといつも思ってました。今日は、自分が面白い映画に自分が出て、みんなとこんな大きな会場で見られるということで最高です! 存分に楽しんでください」と満員の客席に向けて呼びかけた。

最後は、浅野さんの音頭でヒットを祈願して会場全体で三本締めを行ない、会場は大歓声に包まれた。

ページトップへ
2012.4.10 >
Archive >

『バトルシップ』空母のフライトデッキで初の記者会見

株式会社シナジー・リレーションズ ニュース

4月13日(金)より全米に先駆けて日本公開される東宝東和配給、映画『バトルシップ』。

この度、来日した本作主演のテイラー・キッチュ、アレクサンダー・スカルスガルド、世界の歌姫リアーナ、ブルックリン・デッカー、ピーター・バーグ監督、そして浅野忠信が一堂に会し、日本初となる空母ジョージワシントンでの記者会見を行いました。

空母ジョージワシントンのフライトデッキには、日本が100名(スチール70名+ムービー30名)、海外が50名のあわせて150名ものプレスが集まりました。米軍セーラーが敬礼で迎えるレッドカーペットは、映画のワンシーンさながらに厳粛な雰囲気を醸し出すも、主演のアメリカ海軍新人将校アレックス・ホッパー役のテイラー・キッチュ、アレックスの親友・レイクス役のリアーナ、海上自衛隊の艦長・ナガタ役の浅野忠信、アレックスの恋人で理学療法士サマンサ役のブルックリン・デッカー、アレックスの兄で司令官ストーン・ホッパー役のアレクサンダー・スカルスガルド、そしてピーター・バーグ監督が次々に現れると一変、会場は華やかなムードに包まれました。会見では登壇者6名が本作にかける情熱や見どころ、そして撮影の裏話などを語りました。

【会見内容】
MC:一言ずつご挨拶お願いします。
ピーターバーグ監督:今日はこの場にお越しいただき、ありがとうございます。このときは僕だけでなく、みんなにとってエキサイティングな時間です。この映画の企画は、父が海軍マニアだったのもあって、少年のころから考えていたものです。この場にいる水兵のみなさんにも感謝を。空母ジョージワシントンの上で会見ができることを誇りに思っています。

リアーナ:こういったチャンスを与えてくれてありがとう!海兵のみなさんと同じレベルまで演じられたかわかりませんが、がんばりました。この艦を母艦としている兵士のみなさん、ホームに招いてくれてありがとう!

浅野忠信:2年前の今頃、海上自衛隊の艦に乗せてもらい説明を受けました。その後ハワイで撮影し、今この艦に乗れて幸せです。映画がヒットすることを願っています。

アレクサンダー・スカルスガルド:この映画に出られたことは栄誉であり、ありがたいことです。今日この日を楽しみにしていました。1年半ぐらい前に撮影が始まりましたが、多くの人のサポートがなければできなかったので、本当に感謝しています。

テイラー・キッチュ:パールハーバーで6か月間撮影し、兵士のみなさんとその家族を見て、いろいろな犠牲を払ってがんばっている姿に影響を受けました。今みなさんの前に立つことができて本当にうれしいです。

<ここから質疑応答>
Q:(監督へ)日本初という空母での会見、ご感想をお願いします。
監督:『バトルシップ』は幸運にめぐまれました。海軍の空母や駆逐艦など使わせていただき撮影ができました。
そして乗組員たちの力量に驚嘆しました。戦艦が持っている力は大きく、それを多くの人のために良いことのために使うことができることを、今この場で感じることができます。

Q:(監督へ)お父さんが海軍オタクだったそうですが撮影時、特にこだわったことはなんですか?
具体的なシーンや事柄をおしえてください。
監督:『バトルシップ』のいちばん大切なことは、夏の娯楽作品だということです。
ファミリーに観てほしいので、楽しい映画にしたいと思いました。海軍マニアな父の息子ですし、従軍している友人もたくさんいるので、この映画を観た水兵たちに「そうそう、こうなんだよ」と言ってもらえるような映画にしたくて、映画批評家ではなく水兵たちをまず念頭に置いて映画を作り上げました。

Q:(リアーナへ)初の女優としての経験はいかがでしたか。
リアーナ:最高の体験でした。もちろん緊張したし初めての撮影から台本になかったシーンで、ナーバスになる暇もありませんでした。本当にすばらしい共演者に恵まれました。また機会があったら、挑戦したいです!

Q:(テイラー、浅野さんへ)リアーナとの共演の感想をお願いします。
テイラー:どんな役者であっても、初だろうが60本目の映画だろうが、いちばん大切なのは、撮影時に心をオープンにして演じること。彼女は監督のプロセスに乗っ取って反応し演じていたので尊敬しました。

浅野:歌手として活躍されているので、最初から存在感がありましたね。
すでに役柄として説得力があって、海兵そのものでした。

Q:(浅野さんへ)自衛隊の艦も見学されたとのことすが、日本とアメリカの艦の違いなどありましたか。

浅野:怒られてしまうかもしれませんが、日本はやはり真面目だからか、とてもきれいで、アメリカのほうはところどころラフなところが…。コーラのキャップが挟まっていたり(笑)。汚いというわけではないんですよ!

監督:一言、付け加えさせてください。アメリカのほうはとてもクリーンなんです。
日本のほうはさらにクリーンというだけですよ(笑)。
(C)2012 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

ページトップへ
2012.4.10 >
Archive >

世界のDIVAリアーナの吹替に土屋アンナさんが挑戦!!『バトルシップ』アフレコ取材

株式会社シナジー・リレーションズ ニュース

『E.T.』、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』などの歴史的ヒット作を世に送り出してきたユニバーサル映画が100周年を記念して放つ超大作『バトルシップ』。エイリアンの侵略部隊と世界連合艦隊の戦いを壮大なスケールで描き高い注目を集めている。ハリウッドの次世代スターとして注目を浴びるテイラー・キッチュ、日本から参戦した浅野忠信に加え、女性キャストとして話題を集めているのが二度にわたりグラミー賞に輝き、本作で女優デビューを果たした歌姫リアーナ。主人公アレックスの部下にして、抜群の運動神経と男勝りの度胸で活躍するレイクス役を演じている。このたび、女優や歌手など幅広く活躍し、自身もリアーナのファンだという土屋アンナさんが日本語吹替え版でレイクス役を務めることが決定! 3月22日(木)に都内スタジオでアフレコの模様が公開された。

劇中のリアーナを思わせるミリタリールックで登場し「スイッチが入りますね」とご機嫌のアンナさん。この日は、アレックスとレイクスが海上でエイリアンに初めて遭遇するシーンの収録が公開されたが、エイリアンを見た瞬間の「何なの、これ!?」という気合いの入った絶叫がスタジオに響きわたった。

自身ファンでもあるリアーナの声を演じることについては「リスペクトしているミュージシャンはたくさんいますが、その中でもリアーナはハスキーボイスで、クールなのに女性らしい甘い声が出ているので、その声を演じられるというのは嬉しい。高いかわいらしい声は絶対に出ないので(笑)、低い声で良かったです」とユーモアたっぷりに喜びを語った。

これまでにも声優経験はあるが今回の役柄について「かっこいいリアーナの人間性が出てますよね。自分がもし演じるならこういう声でやるだろうなという声をリアーナが出していてやりやすかった」と笑顔で振り返った。

アクションシーン満載で、この日の収録のみならず叫んだり息を切らしたりするシーンも多いが「腹筋を鍛えているので『イケるな』と思った」と自信満々。報道陣から鍛え上げられた腹筋について聞かれると「いつも笑ってたら勝手に6パックに割れました(笑)。コツコツ鍛えるのは飽きちゃうけど、笑うといいですよ!」とアンナ流の驚きのトレーニング方法を明かし笑いを誘った。

映画に関しては「ビックリするシーンもあるし、いい意味で間抜けなエイリアンも出てくるので子供も喜ぶ映画。リアーナの初演技もかっこいいし素晴らしいです」と太鼓判を押す。アンナさん自身のハリウッド進出は? と問われると「この顔で英語がダメなんですよ(苦笑)。『ハロー』って話しかけられても『こんにちは』って返しちゃう」とボヤきつつ「日本語でできる役ならいいですね。叫ぶ役オンリーなら(笑)。チャンスがあれば1回は経験してみたいです」と意欲をのぞかせた。
(C)2012 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

ページトップへ
2012.2.11 >
Archive >

「ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター」先行初日舞台挨拶

株式会社シナジー・リレーションズ ニュース

見事な演奏を披露した豪華キャスト陣が初日舞台挨拶に集結!映画の大ヒットを願い、チョコだるまに目入れ!
 
五十嵐貴久の人気青春小説「1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター」を豪華キャストで実写映画化した「ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター」。2月11日(土・祝)、全国に先がけ東京の有楽町スバル座で先行公開され、キャスト&スタッフによる初日舞台挨拶が行われました。主演の黒木瞳さん、木村多江さん、真矢みきさん、栗咲寛子さん、星田良子監督が集結し、過酷な楽器レッスンから現場の舞台裏までおおいに語っていただきました。

 満席となった会場の温かい拍手に迎えられ、主題歌ZARDの「あの微笑みを忘れないで」をBGMに登場した4人。悩み多きパート主婦の美恵子を演じた黒木さんは、「ありがとう! こうして皆さんの笑顔を拝見してると、ギター弾けなくて辛かったこととか、歌詞が覚えられなくて大変だったこととかいっぺんに吹き飛びました」と元気に挨拶。美恵子の後輩でバツイチのかおり役の木村さんは、「一昨年の撮影でしたが、今日こうして皆様に見ていただけてドキドキしています」と無事初日を迎えられたことに感激。黄色い歓声が響く中、謎めいた元ロッカー・新子役の真矢さんは「宝塚以来の声援! 泣きそうになります」と笑いを混ぜつつも感無量の面持ちでした。

 「ディープ・パープル」の名曲「スモーク・オン・ザ・ウォーター」のフル演奏を目標に、本格的な楽器の特訓に挑んだキャスト陣。黒木さんは、「全く経験がなかったので、三カ月弱くらいかけて練習しました。私が一番ダメだったかもしれない。とにかく歌詞を覚えるのが大変で、みんなは楽しそうだけど私は苦しかったです」と吐露。真矢さんはそんな黒木さんを、「同じ弦楽器をやった者として、楽器を奏でながら歌っている彼女の姿に感動しました」と絶賛。木村さんも「私はピアノの経験があったのですがロック魂に欠けていたので、日常生活からロックを意識して頑張りました。瞳さんは男前で兄貴! って感じでかっこよかったです」と羨望の眼差しをおくっていました。

 そんな女優陣の魅力を存分に引き出した星田監督は、「これだけの女優さんが集まってくれたので、あえてシンプルさを狙いました。皆さんのテンションと高い感性とお芝居欲がうまく絡み合ったと思います」と手応えを感じていました。また、「クランクアップ後、四人が我々にフルで生演奏を披露してくれて、それは本当に感動しました。ステージで一緒に盛り上がったことを今でもよく覚えています」と裏話も明かしてくれました。

 さらに、黒木さんの娘役を演じた栗咲寛子さんがサプライズゲストとして登場。万引き常習犯の主婦・雪見役を演じ、7月のロンドンオリンピック出場をかけたボクシングの全日本選手権の試合のため欠席となった山崎静代さん(南海キャンディーズ)から預かったメッセージを届けにきてくれました。

 「本日は参加できなくて申し訳ありません。みなさまにこの映画を観ていただける時がきてとても嬉しいです。お集まりいただいた皆さま本当にありがとうございます。『ウタヒメ』楽しんでいただけたでしょうか?私は今日ボクシングの試合をしてます。必ず勝ちます!」

 本作が映画初出演となった栗咲さんですが、ベテラン女優陣に囲まれての撮影は「あこがれの女優さんたちだったので本当に私でいいのかなと思っていました。現場ではオーラに圧倒されて緊張が増したのですが、母親役の黒木さんに本当のお母さんのように優しく接していただき無事に乗り切れました」と先輩女優陣に感謝しきりでした。

 そして最後に、来週に控えたバレンタインデーにちなみ、チョコレートで作った“ウタヒメだるま”に映画の大ヒットと山崎さんの勝利を祈願して、チョコレートが大好物だという黒木さんが目入れを行いました。黒木さんが「しずちゃん、勝つと思うけど姉心として心配」と話すと、木村さんも「今頃すごく緊張してると思います。心配で心配で、本当は応援に行きたいくらいです!」と劇場からエールを送りました。

 そんな皆さんの声援を受けてか、山崎さんは無事試合に勝利。オリンピック代表への道にまた一歩近づきました。舞台挨拶後、朗報を受けた三名は「さすが静ちゃん! おめでとう! メッセージ通り本当に勝ってやっぱり有言実行です。勇気をもらいました」と共に山崎さんの勝利を祝いました。

 「ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター」は、2月11日より東京・有楽町スバル座にて先行公開中。2月18日より全国順次公開。
(C)2012「ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター」製作委員会

ページトップへ
2012.1.31 >
Archive >

『バトルシップ』緊急<来日>記者会見

株式会社シナジー・リレーションズ ニュース

4月13日(金)より日本で世界最速公開となる『バトルシップ』。本作に主演しハリウッドの新星として注目を集めるテイラー・キッチュと監督のピーター・バーグが満を持して来日。日本艦・艦長のナガタ役として大活躍の浅野忠信も登壇し、緊急会見を行いました。

会見では三名が本作にかける情熱や本作の見どころ、そして、撮影の裏話など多くを語りました。
記者からの質疑応答では時間内に収まりきらないほど、多くの質問が寄せられその注目の高さがうかがえました。

【会見内容】
MC:一言ずつご挨拶お願いします。

テイラー・キッチュ:皆さん、こんにちは。本日はお越しいただきましてありがとうございます。日本には何度か来ていますが、今回も楽しんでいます。

浅野忠信:皆さん、こんにちは。僕が小さいころから観てきたユニバーサルの大きな作品に参加できて非常に嬉しいです、

ピーター・バーグ監督:皆さん、こんにちは。声がガラガラですが、大丈夫です。
アメリカの撮影では浅野さんがゲスト、今日は私とテイラーがゲストとしてこの場にいられることを嬉しく思います。

MC:(監督へ)現在『バトルシップ』の進行状況はどのくらいですか?

監督:完成に近づいていますが、CGや視覚効果の作業をしているので70パーセントといったところでしょうか。楽しみにしていてください。

MC:(テイラーさんへ)主演作が続きますが、本作での主演が決定した時は
いかがでしたか?

テイラー:ピーター監督とはテレビシリーズ「Friday Night Lights」から5年来の友達で普段から仲も良いんですけど、このお話をいただいたとき、すごくうれしくて飛びつきました。

MC:(浅野さんへ)ユニバーサル100周年記念というアニバーサリー大作に参加されての感想をお伺いできますか。

浅野:子どものころからみていたユニバーサルの、しかも大きな作品で大きな役をいただけて夢のようです。僕自身にとってもアメリカでの大きな一歩になったと思います。

<ここから質疑応答>
Q:(監督へ)これまでエイリアンものというと宇宙を舞台にしているものが多いですが、地球・海という舞台を選んだ理由は?

監督:父親が海軍の歴史の研究家なんです。ですので子供の頃から世界中の海軍の話を聞いてきました。今までの海戦の歴史などを調べながら、互いの国の海軍に敬意を表し、
愛情を注いでいたことから、身近に感じていました。いつか、海軍を舞台にした映画を撮ってみたいと思っていました。

Q:(役者お二人へ)撮影で、エキサイティングだったところはありますか。

テイラー:ピーター監督の現場はキツくてもなぜか軽妙な感じのする現場なんだ。もっと後にやるはずだった、10m以上から飛び降りるスタントのシーンを急に撮影して、2度NGになったのは特に印象にのこっているね。

浅野:現場にいるだけでエキサイティングでしたが、監督が英語ですごいまくしたてるのですけど、何を言っているのか全然わからないんです。それをテイラーが英語で通訳してくれるんですけど、結局英語なんでわからないんですよ(笑)。

Q:(浅野さんへ)ユニバーサル映画で特に印象に残っているものは
ありますか。また、ユニバーサルらしさを感じましたか。

特に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ですね。VHSを親に頼んで買ってもらい、死ぬほど観ました。先日再撮があってユニバーサルのスタジオに行った時に「ここであの作品が撮影されたんだ」というエピソードを聞いて「作り手としてここに来れたんだ」と感動しました。

Q:(役者のお二人へ)共演して発見した互いの意外なところなど
ありますか。

テイラー:私は(日本での活躍だけにとどまらず)リスクを冒してまでアメリカの作品に参加しようという浅野さんを尊敬していますし、畏敬の念をいだいてます。

浅野:テイラーは最初からホッパー自身としてナガタと向きあってくれたから余計なコミュニケーションを排して自分も役になりきることができました。アメフトに連れて行ってくれたり、卓球大会もしましたね。

Q:(皆さんへ)この映画は一見すると男性向けにみえますが、女性向けの
見所があったら教えてください。

監督:僕はこの映画はどんな映画ですか?と聞かれた時に「男の子が女の子を追いかけるラブストーリー」と言っています。夢見る女性を追いかけ手に入れるために、エイリアンなどの障害を乗り越えるんだってね(笑)

テイラー:監督はいいこと言ったね。“愛のために”不法侵入してブリトーをゲットしたり、エイリアンと闘ったり。ホッパーが愛の為にどこまでできるか!は見所だね。

浅野:正直(男なので)女性の見所はわからないので、皆さん劇場で
観て確かめて欲しいです。
『バトルシップ』は4月13日(金)、TOHO シネマズ日劇ほか全国ロードショー。
(C)2012 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

ページトップへ
2012.1.30 >
Archive >

「ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター」完成披露試写会

株式会社シナジー・リレーションズ ニュース

それぞれに問題を抱える4人の女たちがロックバンドを結成し、音楽に打ち込むことを通じて自分を取り戻していく姿を描いた大人のガールズムービー『ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター』。本作の完成披露試写会が1月30日(月)に有楽町スバル座(東京)にて開催され、黒木瞳さん、木村多江さん、山崎静代さん(南海キャンディーズ)、真矢みきさんに星田良子監督が出席した。

黒木さんは劇中のライブシーンでも実際にギターを演奏し、ボーカルまでこなしているが「嫌で嫌でしょうがなかったけど根気よく教えていただきました。最後はロックというよりも女子パワーを発散させました!」と振り返った。コンビニの店員という設定だったが、普段からコンビニには「行きますよ」とニッコリ。「レジ打つときに(お客さんの年齢を)何十代というボタンを押すんですね。ビックリしました」と語った。

ちなみにコンビニでの撮影は営業中のお店の一部を借りて行われたそうだが、“元ロッカー”という設定の真矢さんはかなり激しいメイクを施されており、周囲のお客さんに「全く気付かれないという悲しい結果になりました…」と苦笑を浮かべていた。

山崎さんはドラムを担当。「叩くのは得意ですが(笑)、手足をバラバラに動かすのが難しかったです」と言いつつ「リズムの取り方とかボクシングと似ているところもありました」と明かした。この日も観客の前でシャドーボクシングを披露し、喝采を浴びていた。

劇中、激しい喧嘩のシーンがあるが、木村さんはそこで黒木さんからキツイ一撃を浴びている。木村さんは撮影をふり返り「リハーサルではマネだけだったんですが、本番を前に黒木さんから『本気で行くからね』と言われて『思いっきりいってください!』と答えたんです。でも実際にすごい勢いで叩かれてチカチカしました(苦笑)」と明かした。

今後、バンドとして4人で活動する可能性を尋ねられると、撮影後はすっかり演奏から遠ざかっているという黒木さんは「3か月ほどいただけると…」と苦笑い。「AKB48」が新曲でバンドを結成することが報じられているが、山崎さんは「またライバルが…。こっちを意識してるんでしょうか?」と臨戦モード。黒木さんが「人数で負けてるけど年齢では勝てるかも」と言うと、明日48歳の誕生日を迎える真矢さんが「あか抜けたババア(AKB)です!」と自虐的に語り会場は爆笑に包まれた。

ちなみに黒木さんと真矢さんの本格共演は初めて。「学校のときに修学旅行で余興で共演して以来」(真矢さん)というが、黒木さんは「(真矢さんの)コメディセンスが素晴らしくて笑わしてもらいました!」と笑顔で感想を明かした。
(C)2012「ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター」製作委員会

ページトップへ
2012.1.21 >
Archive >

『ドットハック セカイの向こうに』初日舞台挨拶

2002年よりゲームにアニメ、漫画など様々なメディアで展開され、話題を呼んできた「.hac(ドット・ハック)」シリーズ初のオリジナル劇場版アニメとなる『ドットハック セカイの向こうに』が1月21日(土)についに公開! 古き伝統が生きる街・柳川とゲームの中という2つの世界で展開される本作の若き登場人物たちの声を担当した桜庭ななみさん、松坂桃李さん、田中圭さんと松山洋監督が、東京・テアトル新宿で行われた舞台挨拶に登壇しました。

2つの全く異なる空間の中で成長していく主人公・そらを演じた桜庭さん。アニメーションのヒロインを務めるのは2度目の経験となるが「何度やっても難しく感じます。特に今回は動きが細かく、口の動きもリアルだったので大変でした」と振り返った。

松坂さんはそらのクラスメイト・翔を演じたが「いつもと違い声だけで表現するのは難しかったです。ボソボソと喋るので…」と苦笑交じりに初挑戦を述懐。松山監督は「(松坂さんがかつて演じた)シンケンレッドよりもテンション落として! と言いました」と明かした。

一方、3人の中で最もアフレコがスムーズに進んだのが、松坂さんと同じく声優初挑戦でそらの友人の智彦を演じた田中さん。「難しいと思うこともありましたが楽しかったです」と笑顔を見せた。監督は「収録にいらした瞬間からイメージ通り。ディレクタールームで『智彦がいる!』と言ってました」と絶賛したが、田中さんは「14歳の役ですが大丈夫ですか…?」とちょっぴり複雑そうな表情を見せ、会場は笑いに包まれた。

ちなみに、そらや翔と同じ14歳の頃に夢中になってたことは? という問いに桜庭さんは「毎日、部活のテニスをやってて真っ黒でした」とニッコリ。田中さんは「バスケに夢中でした」と明かした。松坂さんは「実は僕は漫画家になりたくて、読んでいた漫画のキャラクターを描いてました。今年の正月に実家でのそのときのノートを見たら、下手くそでした(笑)」と若い頃の意外な夢を告白し会場をわかせていた。

さらに司会者から「翔と智彦、どちらが好み?」と問われた桜庭さんは少し困ったような笑顔を浮かべつつ「2人とも魅力的で…選べません」と“大人の回答”。一方、ゲームの世界で告白する登場人物たちにちなんで「告白するなら直接相手に伝える? それともメールや電話?」と尋ねられた松坂さんは「直接言います! メールだと返事を待っている間にドキドキしちゃいます」と男らしい一面をのぞかせる。田中さんは「僕も言います」と力強く語るも「でも僕は『言おう』と相手を呼び出してから3時間言えなかったことがあります(苦笑)」と苦い恋の思い出を明かし、再び会場は笑いに包まれた。

松山監督は「脚本を書き始めてから完成まで丸4年。『.hack』プロジェクト10年の夢がかないました」と公開を迎え感慨深げ。キャスト陣からは「次は人間ではない役がやりたい」(桜庭さん)、「大魔王や動物がやってみたい」(松坂さん)など次回作へのリクエストも…。監督は「桜庭さんに『ドットハック』でアカデミー賞を獲ってほしい!」と大きな野望を掲げ、桜庭さんも「頑張ります」と乗り気。会場は期待の拍手が鳴り響いた。

ページトップへ
2012.1.15 >
Archive >

ダンサーKITE&主人公カーリー役の声優:本名陽子が登壇、トークショー&ダンスショーケース

株式会社シナジー・リレーションズ ニュース

現役の世界的ダンサーも出演し、若者達がストリートダンスに青春を懸ける姿を描いた映画『ストリートダンス /TOP OF UK』が2週間限定で公開中。ロミオとジュリエットの楽曲を使ったバレエとストリートダンスコラボの完成度の高さや迫力あるシーンの数々に感動、興奮、座りながら踊ってしまったなど高評価が続出。口コミで作品の良さが伝わり、公開1週後の14・15日の新宿バルト9では満席となった。
その熱気を更に盛り上げようと、1月15日(日)に新宿バルト9にて上映終了後、主人公のカーリー(ニコラ・バーリー)の吹き替えを担当した声優・本名陽子さんをMCに、そして本作の続編にアジア人として唯一、参加しているダンサーのKITE(カイト)がスペシャルゲストとして登場した。
海外のダンスバトルでも優勝するなど華々しい活躍を見せるKITE。この日の観客の中にも数多くのダンス経験者がいたようで、KITEが登場すると会場は歓声に包まれた。KITEはロボットのような動きをする得意の“Pop”と呼ばれるダンスを披露。世界王者のパフォーマンスに観客からは惜しみない拍手が。さらに、客席のリクエストに応えて本名さんも一緒にムーンウォークまで披露し会場を盛り上げた。
当初、第1弾である本作を見て「海外のイベントでバトルした相手が出ていてびっくりしました」というKITE。その後、自らが第2弾への出演のオファーを受けることになるのだが、その経緯についてこう明かす。「去年の3月ごろに『Juste debout』というバトルの世界大会に参加したとき、この映画のプロデューサーがいらしてたんです。近づいてきて『すごいよお前』とか言ってバシッと叩かれたんです。それからいきなり『映画の話なんだけど』って名刺を渡されました」。だが当初は「怪しいなと思って(笑)」オファーを断り続けたという。「おばあちゃんに『おいしい話には裏がある』と言われ続けてきたんで、ずっと断ってたんですが、向こうでリハーサルが始まった頃に心動かされました。『お前じゃなきゃダメなんだ』とプロデューサーから電話があったんです。知り合いのダンサーも電話に出て『何で飛びつかないんだ?』って。他にも知り合いのダンサーがいっぱいいて、これだけいるなら信用してもいいかと思いました」と明かす。ちなみに劇中では日本語でセリフを言っているというKITE。「みんなが『WOW!』って驚いているときにおれだけ『すげぇ!』って日本語で言ってます」と明かし会場の笑いを誘った。イギリスでは3月に公開となるが、日本での公開は現在公開中の第1弾の興行次第ということで「ぜひ何度でも足を運んでください!」とアピール。
なお、今年からダンスが中学の体育の必修科目になるなど、日本でもダンス人口は着実に増加中。KITEはこれからダンスを始める初心者に向け「いきなりダンスの場に行くというのは難しいかもしれないけど、僕らもできる限りいろんなところでアピールしたり、こうやって映画にチャレンジしたりしてるので、こういうのを見てからでも遅くないですよ」と呼びかけ、ダンスの普及を訴えた。トーク終了時間がきてもその熱気は収まらず、急遽スクリーンの外でKITE、本名さんと一緒に観客と記念撮影会を行うことに。トークに加え登壇者と直接触れ合える盛りだくさんの内容に、観客の熱気が冷めることは無かった。

ページトップへ
2012.1.14 >
Archive >

『ドットハック セカイの向こうに』福岡・柳川キャンペーン

株式会社シナジー・リレーションズ ニュース

オンラインゲームを通じて世界の危機に立ち向かう思春期の少女たちの成長や恋を描いたアニメーション映画『ドットハック セカイの向こうに』がまもなく1月21日(土)より公開される。これに先駆けて、主人公の有城そらの声を担当した桜庭ななみと監督の松山洋が1月14日(土)、映画の舞台となった福岡・柳川を訪れ、映画に登場するメイン・キャラクターへの特別住民票授与式に参加した。

当日は柳川市の金子健次市長が登壇、アニメのキャラクターに住民票を授与するという、市としても初めての試みに「柳川が舞台に選ばれてうれしい。この街出身の琴奨菊関と共に、この作品も柳川の誇り」とコメント。住民票授与のあとに、地元の名産である「柳川鞠」を桜庭、監督にプレゼントした。

授与式に出席した松山監督は「柳川の名物である水路と街並みは不変の美しさだと思い、映画の舞台に選んだ」と理由を語った。桜庭は、初めて訪れた柳川に「スクリーンで見ていただけでも素敵な場所だと思っていたが、実際に来てみたらもっと素敵で、さらに好きになりました」とコメント。「私の演じたの有城そらだけでなく、松坂桃李さんの田中翔、田中圭さんの岡野智彦と、3人一緒に登録して頂き嬉しく思っています」と市長に感謝の気持ちを伝えた。
公開を来週に控えた松山監督は「14歳の中学生という多感な年代の少年少女たちの、淡い気持ちやつながりを描いた。桜庭さんにも声を通してキャラクターに命を吹き込んでもらった。見た人みんなが、きっと幸せになる作品」と自信のほどをうかがわせた。
桜庭は「シリーズ作品ではありますが、初めて見る人でも十分に楽しめる作品です。また、3D映画なのでその迫力も味わって欲しい」とPR。金子市長も「22日に妻と見に行きます!」と宣言、授与式は幕を閉じた。
(C)2012.hack Conglomerate 

ページトップへ
2012.1.12 >
Archive >

『ドットハック セカイの向こうに』ヒット祈願

株式会社シナジー・リレーションズ ニュース

オンラインゲームを通じて世界の危機に立ち向かう思春期の少女たちの成長や恋を描いたアニメーション映画『ドットハック セカイの向こうに』がまもなく1月21日(土)より公開。これに先駆けて、主人公の有城そらの声を担当した桜庭ななみと監督の松山洋が1月12日(木)、東京・神楽坂にある赤城神社で行われたヒット祈願イベントに出席。社殿内で祈祷を受け、玉串を奉納した。

赤城神社は700年の歴史を持ちながらもガラス張りの社殿など斬新なデザインを取り入れ、昨年度のグッドデザイン賞を受賞。伝統が息づく柳川の街と近未来的なゲームの世界の両面を描いた映画の世界観同様、古きものと新しいものが融合した神社であり、パワースポットとしても近年、話題を集めている

初めて訪れたという桜庭さんは「きれいなカフェやエレベーターもあって近代的な感じと(神社が)マッチしていておしゃれですね」と驚いた様子。この日はあでやかな花柄の振り袖姿だったが「今年初めての着物で神社に来れて嬉しいです」と微笑んだ。

映画もまもなく公開となるが松山監督は「手ごたえを感じています。公開が楽しみです」と自信をのぞかせる。桜庭さんは自身が声を務めたそらについて「監督が事前に渡してくれた人物像がすごく(桜庭さんに)似ていてうれしかったです。好きな色やお店も細かく書いてあるんだけど全てあてはまるし、流行りに疎いところもそうでした」と明かした。監督は「(そらは)ゲームをあまりやらない女の子という設定だったので、性格も含めてピッタリでした。収録を終えて『そらちゃんが初めてゲームをするときドギマギするけど、私も同じリアクションになるんじゃないか』と言われてうれしかったです。主人公そのものだと思った」と太鼓判を押す。

桜庭さんは本作でゲームの世界に触れ、感化されるところもあったようで「実家に帰ったら弟がゲームを楽しんでたのでチャレンジしてみたい」とも。現在19歳で今年、いよいよ節目の二十歳を迎えるが「二十歳って大人のイメージだったので自分が二十歳になるという実感がない」と照れ笑い。「いままで学生の役が多かったけど、去年、高校を卒業したので、学生じゃない私も見てもらいたい。大人な自分になれるように……(笑)、気配りとかできるようになりたいです。あとはお酒を飲んでみたいですね」と語った。

10代の内にやっておきたいことは? という質問には「何をやったらいいのか分からないんですよね(苦笑)」と思案顔。「実家に帰ったら同世代の友達が運転していて、置いていかれそうで不安でした(笑)。免許を取りたいですね」とプライベートでの年内の目標も掲げた。
(C)2012.hack Conglomerate

ページトップへ